スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mary Knyshさん名古屋滞在記

ドラムサークルフォーティーチャーズ終了した翌日から4日間、Maryさんが名古屋に滞在しました。

きっかけは私が教えているMusic Togetherの実際のクラスの様子を見たい、という彼女の希望でした。
せっかく来ていただくから,ということで観光や音楽体験も盛り込んで、少々忙しくはありましたが楽しく充実した時間を過ごしていただくことができました。

彼女自身のブログに、このときの様子がいろいろ写真付きで紹介されていますので(英語ですが)よかったらご覧下さい。

Mary and Jubie's Great Adventure



到着時、彼女が新幹線の中で寝過ごしてしまい京都まで行ってしまうというハプニングからはじまった名古屋滞在。その後もいろいろなハプニングや手違い等、これでもかというくらいおこり、大変でした。
でもそういった問題もなんとなくいい方に解決して、楽しく思い出深い旅となったのではないかと思います。

285043_2050597418932_1064378760_31897196_2743485_n-1_convert_20110814060227.jpg



私のクラス訪問、観光以外にも
「和太鼓を体験したい」
「即興音楽の体験をみんなにしてもらいたい」
という希望もあり、地元で活躍する和太鼓とマリンバのバンド「GONNA」(ガナ)さんにご協力をお願いしたところ、快く引き受けてくださり、しかも演奏までしてくださることになりました。

受け入れられる人数に限りがあり、今回はドラムサークルファシリテーションを学んでいる仲間たちとその家族に声をかけて集まりました。

GONNAさんのスタジオにお邪魔して、至近距離で聞く生演奏は大迫力。
太鼓の音が部屋中の空気をふるわせ、身体の表面はさざなみのように振動します。
肺の中も共振し、胸に音が入ってくるような感覚になりました。
アンプやスピーカーで人工的に増幅された音とは異なる、身体感覚を伴う音に圧倒されました。

しかも演奏はすばらしく、また彼らの身体表現がとても美しくて目が離せませんでした。
コンサートの動画はこちらです
You Tube GONNAのチャンネル

間もなくツアーも始まるようです。
GONNAさんのサイト
GONNA on WEB

演奏の後に和太鼓の体験をさせていただきました。
バチをまっすぐ振り上げて腕を伸ばしてから叩く、というのは見た目よりもかなりハードです。
普段肩を使わないように叩くハンドドラムの奏法とはまったく異なります。
ちょっとした運動にもなりますね。

そして休憩後はおまちかねの即興セッション。
GONNAのメンバーの方も参加してくださいました。
休憩が終らないうちに、子どもたちが遊びだしたブームワッカーに、みんなが次々と好きなものを手にしてあっというまに自然発生セッションが起こりました。



その後ドラムサークルからスタートし、声を使ったり楽器を使ったセッションをMaryのファシリテートで楽しみました。
今回あらかじめ参加者には「音階のある楽器を持参下さい」とお願いしていました。
それぞれ自分の好きなものを持ち寄り、子どもたちも一緒に音階のある楽器で即興セッション。
Maryのファシリテーションはとても自然であたたかく、しかも私たちを今まで経験したことのない音楽的な高みまで連れていってくれました。

267391_203993312991368_100001421015119_585053_7516724_n_convert_20110814055306.jpg

いつもあまり参加しない、シャイな子どもたちまでが、今回はみんな参加してくれたこともうれしかったです。
どの子も帰り道、「楽しかった!」と話し、うれしくて興奮していたと、ママたちから聞きました。

たくさんの音楽の喜びを私たちにプレゼントしてくれたMaryさんには再来日を望む声が多くあがっているそうです。次回もまた名古屋に来ていただけるといいですね。




スポンサーサイト

ドラムサークルフォーティーチャーズ

8月6、7日に東京にて行なわれたDCFA主催のドラムサークルフォーティチャーズに参加してきました。

これまで一参加者だったのですが、今回はゲストのMary Knyshさんの通訳という大役を任され、裏方をお手伝いさせていただきました。

MaryさんはMusic for Peopleという団体が行なっている即興音楽のワークショップの先生であり、ドラムサークルのファシリテーターでもあります。そして私が教えている幼児向けの親子音楽プログラムMusic Togetherの先生でもあり、楽器を選ばないマルチなミュージシャンでもあります。

リズムだけに特化することのない、音楽の奥深さと美しさを、その場にいる参加者と即興で作り上げて行く彼女の手法は見事で、ほれぼれするほどでした。

また人間的にもとても魅力あふれる方で、周りにいる人はみんな彼女が大好きになったと思います。
写真
DCFT 1
DCFT2.jpg

クロージングドラムサークルでは、全員で声をだしながら集まるという予想外の展開に。外では稲妻が光り、激しい雨が屋根に音を立てていて。大地と空と祈りの声が大きく溶け合い、ひとつになる、味わったことの無い感覚を体験しました。

彼女のワークショップ以外にも私の敬愛する相方、まっちゃんの楽しくてためになる実践的な講座や、実際に学校等の現場で活躍されている先生方の講座もあり、大変盛りだくさんしかも充実した内容でした。
このような場のお手伝いができて、本当にありがたいです。
またMusic Togetherの先生仲間が何人も参加してくれて、みんなが楽しんでくれたこともうれしかったです。

肝心の通訳が初日は思うように言葉がでなかったり、集中が切れてしまったりして、ご迷惑をおかけしたことも多かったと反省しています。それでもたくさんの方に助けていただいたり、励ましやあたたかいお声掛けをいただき、支えていただきました。
感謝してもしきれないほどです。ありがとうございました。

慣れない業務で、少々脳内回路のあちこちがショートしたようで、帰り道は完全におかしかったです(笑)
頭が疲れるって、こういうことなんだな、としみじみ。
脳にも基礎体力つけられるといいな。。。。。

プロフィール

happybeat

Author:happybeat
Happy Beat☆

名古屋市在住の
cumin (くみん)こと、みのうらやすよが主催するHappy Beat ☆。
ドラムサークル(略してDC)をメインに
子どもたちと一緒に楽しめる
音楽活動を提供して行きます。

2008年9月に活動開始。

♪♪cumin♪♪

2004年春、アメリカ サンディエゴにて
Music Together のTeacher Training終了。

Music Together of Nagoyaにて講師を務める。

2006年春、Certification Level I の認定を日本人で初めて受ける。

2007年、Music Together of West NagoyaのDirectorに就任。

2008年 Happy Beat☆設立
2008年「あいのてさんがやってくる!」主催
2009年 クリスティーン・スティーブンス女史を講師にまねき
      「ドラムサークルのちから」主催
2011年 アーサー・ハル氏を迎えて「Drum-About 2011」「Rhythmical Alchemy Playshop」主催

その他、クリスティーン・スティーブンスやメアリー・クニッシュ、カラニ・ダスなどの世界的に著名なファシリテーターの通訳もつとめる。
    
イベントなどでドラムサークルを行うだけでなく、定期的なセッションとして福祉系の施設などでも行っている。

*DCFA(ドラムサークル・ファシリテーターズ協会) 会員
*DCFA認定 スティミュレイティブ・ファシリテーター
*2015年DCFA ベストファシリテーター賞受賞

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。